☆大久保養鶏場☆
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

CONTENTS
手作り「煮卵」
★「手作り煮卵」昆布、鰹の風味でスイーツ風、真空パック包装です 保存性を高める添加剤は入れておりません。

たっぷりたまごサンド
★「たっぷりたまごサンド」要望の多かったレタスが入っています。

今月の予定表
本日の出来事
お天気情報

大久保養鶏場ウェーブサイトへ

Hits Counte
今日 : 1648
昨日 : 1815
今週 : 10489
今月 : 25999
総計 : 1707541
平均 : 647
FROM:2011-02-11

管理者 さんの日記

 
2018
12月 1
(土)
09:32
氷室と烏骨鶏
前の日記 カテゴリー  烏骨鶏
本文
前回の烏骨鶏、成鳥となり雌雄がハッキリして雌=25羽
雄=40羽という結果になりました。
雌が取れません。
仕方なく再度烏骨鶏の孵化を行うことになりました。
12月となると種卵(有精卵)を多く産んではくれませんので、毎日少しの種卵を貯蔵しなくてはなりません。
ですが、家庭用の冷蔵庫では湿度が低くて長い保存には不向きです。
もし家庭用の冷蔵庫に保存すると2週間程度は問題ありませんが(孵化率)1ヶ月ともなりますと・・・です。

そこで氷温保存です。

市販のクーラーボックスに氷を入れて保存します、ただそれだけです。
私も今回初めての保存方法ですので手探りで進めます。
大手の雛の業者も多分この方法を採用していると思います。さすがに氷は深夜電量等を使用して自動で行っているでしょう。





クーラーボックス内の様子。
温度10℃位
湿度99%位、湿度の高さには驚きです。
30日保存に貢献出来ますかどうか?

家庭用の冷蔵庫では湿度10%〜50%を計測しました。
氷室のリンゴも美味しく保存出来ているようですし、期待をしております。
閲覧(273)

 
Copyright(C) ☆大久保養鶏場☆ 2011-2017 : Designed By Theme4u.Net